診療案内

下肢静脈瘤とは、脚の静脈の弁が壊れてしまう病気です。静脈とは心臓に向けて血液を送る血管で、弁が壊れることで血液が逆流してしまい、脚にたまってしまいます。それにより、血管が膨れてこぶ状に膨らんでしまうなどさまざまな症状が起きます。

 

>詳細はこちら

当院では以下の日帰り手術を行っています。現在、当院で行っている手術の99%はメリットの多いレーザー治療ですが、過去に下肢静脈瘤の手術をしたことがあり、残存した静脈瘤を再手術する場合はストリッピング手術を行うこともあります。また、血管の蛇行が激しい場合は複数の手術方法を組み合わせることもあります。

 

>詳細はこちら

腎臓の働きを人工的に補うことを人工透析と言います。腎臓には血液中の老廃物をろ過して尿を作る働きがありますが、この機能が何らかの理由で10%以下まで低下すると、老廃物を体外に出すことが難しくなり、体内にたまった老廃物が原因でさまざまな障害が起こります。これを未然に防ぐため、人工的に血液をろ過させるのが人工透析です。

 

>詳細はこちら

人工透析を行う為には、たくさんの血液をダイアライザー(人工透析によって血液を浄化する医療機器のこと)に送らなければなりません。
この為、血液量の多い血管とダイアライザーを繋ぐ必要があります。

そこで「シャント」と呼ばれる手術が必要になります。

 

>詳細はこちら

  • 患者様アンケート
  • よくあるご質問
  • クリニックニュース
  • Doctors File ドクターズ・ファイル
  • 豊島区ドクターズ
  • 医療法人 梅澤会 梅澤医院